運輸安全マネジメントにおける安全情報の公表

期     間  平成28年4月1日~平成29年3月31日
安全統括管理者  中嶋 敏有

【経営トップの責務】
1 輸送の安全の確保に関する最終的な責任を有すること。
2 社員(運転者を含む。以下同じ)に対し、関係法令等の遵守と輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を自ら徹底すること。
3 輸送の安全に関する方針の策定に主体的に関与すること。
4 輸送の安全に関する重点施策、目標及び計画の策定に主体的に関与すること。
5 重大事故等発生時の対応体制の整備に主体的に関与すること
6 輸送の安全の確保にかかわる予算の確保、組織体制の構築等必要な措置を講じること。
7 経営トップは、会社全体の運輸事業の安全管理体制の見直し(マネジメントレビュー)に主体的に関与すること。

【安全統括責任者の責務】
安全統括責任者 中嶋 敏有
1 社員に対し、関係法令の遵守と輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底すること。
2 輸送の安全の確保に関し、その実施及び管理の体制を確立・維持すること。
3 輸送の安全に関する方針・重点施策、目標及び計画を着実に実施すること。
4 輸送の安全に関する報告態勢を構築し、社員に対し周知を図ること。
5 輸送の安全確保状況について、定期的にかつ必要に応じて、随時内部監査を行うこと。
6 輸送の安全確保に関し、事故防止その他の安全対策について必要な改善措置を講じること。
7 運行管理が適正に行われるよう、運行管理者を統括管理すること。
8 整備管理が適正に行われるよう、整備管理者を統括管理すること。
9 輸送の安全を確保するため、社員に対して必要な教育、または研修を行うこと。
10 その他の輸送の安全の確保に関する事務の統括管理を行うこと。

【輸送の安全に関する基本方針】
社長(安全統括管理者)は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分ふまえつつ、社員にたいし輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させる。
輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(PDCA)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については積極的に公表する。

【輸送の安全に関する重点施策】
1 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守すること。
2 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。
3 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じること。
4 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達・共有すること。
5 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを確実に実施すること。
27年総括
事故総件数が減少の中で有責による人身事故の件数は12件と増加、自動車事故報告規則第2条に規定する事故が4件とこれも増加となり、目標に対して成果の無い結果となってしまいました。
今期は安全マネージメントの実施にともない、目標に対しての、PDCAを確実に行い、事故多発者及び重大事故惹起者への個別講習を強化し又、高齢ドライバーに対する対策、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を植え付け事故防止に努める。

【輸送の安全に関する目標】
① 自動車事故報告規則第2条に規定する事故を「0」にする
平成27年度    4件

【安全運動の実施】
○全国交通安全運動期間中、事故防止活動を強化する。
春の全国交通安全運動(4月上旬)
夏季の事故をゼロにする運動(8月)
セーフティドライバーコンテスト(7月~12月)
秋の全国交通安全運動(9月下旬)
年末年始自動車輸送安全総点検(12月10日~1月10日)

【具体策】
1 ドライブレコーダーを利用した適切な指導及び監督を実施し、事故件数・事故費用を削減する(スピード超過・一時停止・信号無視など)
2 デジタル式運行記録計を利用し、適切な指導・監督を実施し、スピードオーバー・過労運転(休憩不足・拘束オーバー)に関する指導の徹底。
3 セーフティドライバーコンテストへの全社員の参加を義務付け、法令順守を徹底させるとともに、全社員に輸送の安全が最も重要であるという意識を持たせる。
4 毎月の事故惹起者への講習会において、運転手の心理的要因や現場の状況を把握し、再発防止のための具体的な措置を考えさせる。また、「予測の運転」を徹底させる為にドライブレコーダー及びNASVAのDVD資料を利用し指導する。
5 事故に関する統計を分析し、事故発生率・前年比・事故の特徴を把握し、それにあった講習・指導を行う。
6 高年齢者に対する面談を行い、加齢による認知・判断の衰えがあることを認識させるとともに、健康状態を把握し再検査・治療の必要なものには医師の所見等を提出させる。
7 「二段階停止」「後方の安全確認」等、事故原因となる要素に対し駐車場内への表示や・唱和などにより乗務員に徹底させる。
8 事故事例を社内に掲示し事故の状況、場所、原因を乗務員に周知させ再発防止に努める。
9 点呼にて周囲の確認を意識づける為、実際に体を動かして実践させる。
10異常気象時の処置要項に基づき、道路情報、路面状態の確認をし乗務員への指示、伝達を確実に行う。
11冬季におけるスタッドレスタイヤの完全装着。
12ひき逃げ、当て逃げ等の救護義務違反防止における乗務員への指導、教育の徹底。
13事故対策センターの適齢診断、適正診断を活用し、運転適性等の把握と面談による指導で安全運転が重要であるという意識を持たせる。
14全体講習会で所轄警察署を招へいし、全乗務員に統一した事故防止の意識を徹底する。
15飲酒、危険ドラック等、禁止行為に対して乗務員へ指導、教育を徹底する。

【処分内容・講じた措置】
無し。

太陽自動車株式会社
安全統括管理者
中嶋 敏有