自分のペースで働きたい
タクシー乗務員の仕事は、一度会社を出てしまったらその時間の使い方も、営業方法もすべてあなた次第。上司への報告や部下の指導といった人間関係で煩らされることもありません。自分のペースで仕事をされたい方に最適な仕事です。
タクシー乗務員だから選べる、多様な働き方
乗務員さんの生活スタイルに合わせて3種類の勤務体系を採用しております。
会社勤めの働き方に近い「日勤」、夜のみ仕事をする「夜勤」、16時間働いた後の、次の日休みをとる「隔勤」などあなたにあった働き方をお選び頂けます。
自分以外の人・モノの管理で悩むこともありません
一度出庫してしまえば、一人で営業をすることになります。面倒な会社内の人間関係や上司の機嫌を伺うことも、部下の責任を取らされることもありません。

ただし、自分自身の自己管理・自己責任そして車両の点検はしっかりお願いいたします。
時間管理もあなた次第
基本的な出庫時間・帰庫時間はありますが、決められた時間帯の中であればその時間管理もあなた次第です。
営業/休憩のメリハリ、休息のとり方に工夫をこらすことで有効に時間を使うことができます。
先輩インタビュー(自由に時間を管理できるのがうれしい)
前職でがむしゃらに働いていた方が次の職業として選んだタクシー乗務員という仕事。
11年目のBさんに伺いました。

自分だけのことで動ける。これがとても自由でやりやすい。
前職は営業を統轄する部署の役員ををしていました。本当に忙しくて役員といえども深夜残業は当たり前。日本国中を飛び回っていました。忙しい分、責任とやりがいはとてもあったんですが、前から「30年ここで働いたら辞めよう」と決めていたんです。「ゆっくりしたくて辞めた」というのも少しありましたけどね。
会社を辞めてからはそれこそ1年間、ゆったりとした毎日を過ごしていました。そんな時、木陰で休んでいるタクシードライバーさんを見変えたんです。「時間も自由に使えそうだ」「組織に縛られずに、自分の営業だけに集中できそう」と考えているうちに、タクシー乗務員になってみようかなと思ったんです。
実際思っていた通りのようです。時間に余裕ができて読書も好きなだけ出来るし、自分だけの営業成績にこだわれますし。
ただ、ときどき考えるんです。そもそも「ゆっくりしたくて前職を辞めた」んだよなぁって。だから、今は定時制の隔勤(社内では8勤って言われてます)にしてくれって会社にお願いしてるんですよ。